2018年5月25日金曜日

ヒクイナ

 人を送った帰り道、近所を回ってみると、ヒクイナがみつかりました。
 あとは、カルガモ、オオヨシキリ、ムクドリ、チュウサギ、アオサギ程度。

2018年5月24日木曜日

5/24 連日、庭で

 ジャコウアゲハ用のウマノスズクサには、幼虫がいます。例年、多すぎて、葉を食い尽くしてしまうのですが、今年も心配です。(脱皮直後の4齢、初齢幼虫の終期あたり?)
  
 
 ハギにも、色々。ハギオナガヒゲナガアブラムシ(アリは不明)、クサギカメムシ初齢幼虫、ヨコバイの類の幼虫

  

 洗濯物についていたのは、カシノシマメイガ(菓子縞螟蛾)。この名前は、幼虫が家屋内で貯蔵穀,ビスケットのような菓子類,デンプン,干果など乾燥食品を食害することから。
※ ツトガ、メイガの類は触角を翅の上の乗せているのが目印だそうです。


2018年5月23日水曜日

5/23 庭で

 今日は、ススキで観察。
 エビイロカメムシ、オジロアシナガゾウムシ、ヤハズハエトリ♂、ススキアブラムシの類とクロヤマアリ、それを捕食するテントウムシ幼虫、成虫。色々います。
  
    
  

 庭の花は、今日は、ニワナナカマド
 
 

2018年5月22日火曜日

5/22 ルリシジミ

 庭の手入れのついでに、クララで産卵しているルリシジミを観察。

 卵は、0.6mmほどで、とても小さい。TOUGH5で顕微鏡撮影。



5/22 ゴマダラチョウ

 このところ、アカボシゴマダラの春型ばかりだったのですが、久しぶりにゴマダラチョウ。翅が少し傷んでいます。


2018年5月21日月曜日

5/21 近隣の公園

 探しもので、奥さんと近隣の公園へ
 奥さんがそれらしい巣を見つけたので、しばらく粘ったのですが、動きがまったくなく撤退。近隣の公園なので、いるのは、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、キジバト程度でした。巣から落ちたのか、飛べないハシボソの子ガラスがいました。羽に白い色が混ざっていました。
 
 それでも、虫たちは、ショウジョウトンボ♀を見かけ、クヌギではウラナミアカシジミが産卵していました。
  

復習 クヌギの葉とクリの葉の違い
  • 葉の縁に波状の鋸歯があるのがクヌギ、ないのがクリ
  • 針状部分が茶色なのがクヌギ、緑なのがクリ(クリの場合は葉の部分と一体になっているそうです)
  • 果実があれば一目瞭然ですが、葉だけをみると迷います。

 

2018年5月20日日曜日

5/20 日光探鳥会 野草ほか

 花たちは、日光口で、ニッコウキスゲが今年はよく咲いていました。イロハモミジの翼果もきれいでした。
  
 
 戦場ヶ原付近では、ミヤマウグイスカグラ、湯川沿いでサンリンソウ。
  

 光徳牧場のアイスクリーム売り場付近で、今年も、サクラソウ、シロヤシオ
  
   牧場付近では、ニホンザルの群れ。初めて見ました。